もしも、短期間でダイエットをしたいなら、できるたけ沢山のカロリーを使うことです。

体内にあるカロリーをエネルギーにして使ってしまうには、どのような運動を行えばいいかで変わってきます。

覚えておきたいこととして、体内の糖質を消費するのは無酸素運動、脂質を消費するのは有酸素運動という2つの点です。

アリシアクリニック 新宿

この場合、ダイエットを成功させたいならば、適度な無酸素運動を行うことで、脂質の消費量をふやします。

ダイエットを短期間で実践する必要がある人は、体脂肪のもとである脂質を消費するような運動をすることです。

ダイエットを短期間で実践したいなら、有酸素運動をして体脂肪をエネルギーに変え、消費することです。

体の中にある脂肪を使い果たすためには有酸素運動がおすすめですが、有酸素運動+筋トレという、2種類の運動をするとより効率は高まります。

ジョギングの前に筋トレをする、という順序で運動をすることで、ダイエットになります。

筋トレは、糖質を分解し、成長ホルモンの活動を盛んにします。