頑張ってダイエットに取り組んでも、やり方次第ではリバウンドが起こりやすくなります。

リバウンドが起きにくいダイエットを心がけることが重要になります。

ダイエットをする時に、短期間で急激に体重が減るような食事の減らし方や運動をするとリバウンドしやすくなります。

極端に食事制限してしまうと、体が危険な状態に陥っていると判断して、ホメオスタシスと呼ばれる体の防衛機能が働きはじめます。

食事制限中にホメオスタシスが作用すると、体内にできるだけたくさん脂肪を溜め込んでおこうと、体は動き始めるのです。

食事制限をしていても、ホメオスタシスによって1日に消費するカロリーの量を減らされていると、ダイエットの効果が確認できなくなります。

身体の機能が滞りなく働くようにしておくには、ある程度の栄養が不可欠ですが、カロリー制限をして栄養不足になっていると、代謝が低下します。

ホメオスタシスは、いきなりカロリー摂取量が少なくなるとすぐに反応しますが、変化がゆっくりならあまり働きません。

体重を減らしたいと思っていても、過度に食事量を少なくしすぎるとリバウンドが発生しやすくなりますので、少しずつ減量をしましょう。

急激に体脂肪が減ってしまうとホメオスタシスが働き、リバウンドしやすくなります。

体温や、体重など、常に同じ状態であることが望ましいものを維持するものがホメオスタシスです。

できるだけリバウンドが起きにくいダイエットをしたいなら、ちょっとずつ体重を減らして、ホメオスタシスが働き過ぎないようにしておきましょう。

脱毛エステサロン横浜.xyz
1カ月に、現在の体重の5%以上の減量効果が現れると、ホメオスタシスが機能する可能性が高くなりますので、ダイエットをする時には、ゆるやかな変化を目標にしておくといいでしょう。